「もっと気楽に日本酒を」広島らしさを追求する若き9代目の酒造り

酒蔵インタビュー

「もっと気楽に日本酒を」広島らしさを追求する若き9代目の酒造り

瀬戸内海に面した美味しい牡蠣がとれる町。広島県東広島市安芸津町(あきつちょう)にある柄酒造を訪れました。安芸津町の軟水の特性を活かした伝統技術『軟水醸造法』を代々受け継ぎ、約170年。さらなる挑戦をしています。 西日本豪雨の際廃業の危機に見舞われましたが、地域の方々の協力も経て復活。 日本酒における「広島らしさ」とはなにか、を探求する9代目蔵元の柄総一郎さんにお話し伺いました。 ジャケ買いで出合う日本酒もいいんじゃない? ―思わず「何だろうこれ」と手に取ってしまいそうなポップなラベルですね。 柄:普段日本酒を飲んでこなかった人たちにとっての「日本酒のハードル」を下げていただきたくて、9代目於多福は「ジャケ買い」したくなるラベルにしました。 そんな柄さんも実は「ジャケ買い」で日本酒のイメージが変わったおひとり。 柄:きっかけは新政のNo.6でした。飲み屋さんで見かけて「おしゃれだな」と手に取り、味にびっくりし、今まで学生の飲み放題で飲んできた日本酒のイメージがひっくり返りました。「ちゃんとした日本酒って美味しいんだ」と。 「いっそ、柄酒造でも造ってくれないかな。」と思うようになり、「蔵を継ぐこと」について頭の片隅でぼんやりと描くようになり、いつの間にか「柄酒造を継ごう」という気持ちに変わっていました。 このポップなラベルが生まれた転機は「2018年西日本豪雨」 ―もともとのクラシックな「於多福」とは雰囲気が大きく違いますね。 柄:これには2018年の西日本豪雨の影響が大きくあります。 この災害で柄酒造も被災し「ここで終わりかな」と行く末を見守っていた頃、「テレビ見たよ、頑張るんだって?手伝いに来たわ!」と地域の方々やボランティアの方々が支えてくださりました。おかげ様で2019年に復活し、柄酒造の9代目として。復活した蔵として初代になりました。 柄:帰ってきて初めて醸す「於多福」。想い入れがあって、自分でどんな味かって判断できませんでした。酒販店の皆様に飲んでいただき「9代目の「ごあいさつ」として売りませんか」とおっしゃっていただき、9代目の「ごあいさつ」として、従来のクラシカルなラベルに近くスタイリッシュな「於多福」ラベルをつけていました。 醸して2年目の際に今までの「於多福」とは違う9代目からのブランドとして「9号酵母」を使った「9代目於多福」が誕生。かつて「ジャケ買い」で新政No.6を選んだように、日本酒を飲んだことがない人、今まで他のお酒を飲んできた方々にも「あのラベル!」と言ってもらえるような日本酒にしたいですね。 「広島らしさ」とは ―ホームページで拝見した「広島らしさ」。柄酒造さんではどのような意味合いで使われていますか。 柄:「広島らしさ」って難しいですよね。広島県の酒造40蔵ほどありますが、得意な味が各蔵で異なるので「広島の味」を統一できないんですよね…。総じて言えば「小味が効いている」ということでしょうか。 柄酒造内でも、ブランドごとに味わいが異なります。従来の「於多福」は造って半年以上タンクで熟成させた、華やかなコクと米のふくよかさを感じる複雑でクラシカルな味わい。「9代目於多福」ではフレッシュで瑞々しい、瀬戸内の柑橘類をイメージさせる味わいです。 「広島らしさ」もとい「安芸津らしさ」とは何か、自問自答しながら酒造りをしていますが、飲んで瀬戸内海を思い浮かべてもらえるといいなと思っています。 ―安芸津の牡蠣と「9代目於多福」の組み合わせ、美味しそうですね。 柄:甘くなく、どちらかというと辛口よりの味わいです。辛口のキレがあることで、牡蠣のフレッシュさやミルキーさを感じつつ、濃厚さをさっぱりと洗い流してくれる。そんな組み合わせが楽しめると思います。香りも穏やかに少し香りが出てくる感じなので、牡蠣の持つ磯の香りも邪魔せず余韻を味わえるかと思います。 あと、これは僕のこだわりなんですが、東京や関東圏に出すときは特に、山田錦ではなく広島の酒米「八反錦」で造りたいです。 今後の「9代目於多福」は広島県を代表する酒米「八反錦」、9代目なので「9号酵母」の組み合わせを軸に深み、軽やかさなど、味の広がりを試していきたいですね。季節の限定酒についても「この季節はどんな味にしようか」、季節の移ろいを意識した酒造りにも挑戦しています。 安芸津町の醸造家・三浦仙三郎が考案した『軟水醸造法』。発酵が進みにくい軟水の特性を活かし、発酵に時間をかけ、香り高くふくよかな味わいを生む技術を使って、安芸津の水、広島の酒米、9号酵母を生かしてどんなお酒が生まれるのか。今後も楽しみです。

「次世代につなぐ地域の酒蔵」が造る「全量新潟市産米にこだわるお酒」

明治32年創業。新潟県新潟市西蒲区にある「笹祝酒造」へ訪問しました。 西蒲区の特徴は醸造蔵の多さ。5.6万人ほどの人口に対して、酒蔵、ワイナリーなど含めた10数件の醸造所が点在しています。 この蔵のテーマはズバリ「次世代につなぐ」。全量新潟市産米にこだわる酒造りにおいても、日本酒好きが協働し開発する「チャレンジブリュー」で新たな定番酒が生まれることも。 ファミリーで楽しめる酒蔵として「麹の教室」を3月にオープン。次世代に醸造文化をつなげられるよう日々奮闘をしています。

近江の自然と共生し、子を愛しむように古酒を育てる

滋賀県愛荘町(あいしょうちょう)にある藤居本家を訪れました。総欅造りの貯蔵庫で日本酒を熟成させている酒蔵です。「古酒」そして地元「近江」への想いを藤居社長に伺いました。

世代の違う杜氏と蔵人が造る「人に寄り添うほがらかなお酒」

愛知県愛西市鷹場町にある「水谷酒造」を訪れ、社長で杜氏の水谷政夫さんと、蔵人の後藤実和さんにお話を伺いました。水谷酒造が目指すのは「ほがらかなお酒」。親子ほど年の離れたお二人ですが、志を同じくし、日々真摯に酒造りに向き合っています。

室町・江戸時代の日本酒を再現。歴史の島・隠岐から日本文化を発信する「隠岐酒造」

島根半島の北方、40〜80キロの日本海に浮かぶ隠岐。銘酒「隠岐誉」を醸す隠岐諸島唯一の酒蔵「隠岐酒造」を訪れました。

独特の酒文化を持つ土佐で愛される酒とは。地元愛溢れる若き六代目の挑戦

高知県香南市赤岡町にある「高木酒造」は、独特の酒文化がある土佐で、土佐の人に喜ばれる日本酒を醸し続けています。今回は、六代目杜氏・高木一歩さんにお話を伺いました。

「食卓を明るくする日本酒を造りたい」平成生まれの夫婦が醸す自分たちの好きを詰め込んだお酒とは

島根県大田市にある一宮酒造さんにインタビューしました。浅野社長と、杜氏の理可(りか)さん・副杜氏の怜稀(さとき)さん夫婦に、夫婦での酒造りやこれからの挑戦についてお話をうかがいました。

青天の霹靂で就任した女性杜氏が、酒造りに向き合った奮闘の日々に迫る

福島県のほぼ中央に位置する「笹の川酒造」。青天の霹靂で杜氏になった常務・敏子さんが、右も左もわからない状態から酒造りに奮闘した日々に迫ります。

伝統を継承しつつ新たな発想を柔軟に取り入れる「八木酒造部」の高品質な酒造りへのこだわりとは

愛媛県今治市の「株式会社八木酒造部」は、創業以来品質一筋の酒造りに情熱を傾け、高品質の日本酒を次々に生み出しています。今回は、八木酒造部の八木社長にお話を伺いました。

「明魂」を知っていますか?広島発の技術開発が日本の酒造りを飛躍させる可能性に迫る

この記事では、広島県立総合技術研究所 食品工業技術センターでどのようなチャレンジが行われているのかや、広島の日本酒を世界に広めるための研究目的で造られている試験酒「明魂」について詳しくご紹介します。

「日本の素敵を世界へ」。麻原社長の実行力が可能にする、時代に沿った日本酒造りとは

カップ酒「SAKE JOURNEY(サケジャーニー)や「素敵」で話題の「麻原酒造」の麻原社長に、酒造りへの思いをインタビューしました。